見習い探偵

見習い探偵のRAINのライフスタイルなどを紹介していきます。スペシャルでコンパクトでプロフェッショナルなグッズをメインに紹介していきたいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

仕掛けられた罠!! 危機一髪で脱出

仕事であるビルに来ていた。

用件が終了し、オフィスに戻ろうとした時に下腹部に痛みを感じ、トイレを探した。

「昼のハンバーグ生焼けだったのかなあ・・。」

同じ階の男子トイレは清掃中。階段を上れる状態ではなかったので1つ下に下りる。

男子トイレを確認。早速中に入る。

大便所の数は3つあり、和式2つに洋式1つ。
迷わず洋式を選択して中に入る。

おっ、ウォシュレットじゃん。ラッキーw

なにを隠そう私は無類のウォシュレット好きなのだ。
(けっして痔ではない)

「・・・・・・・・・・・・・・。ふうぅぅ」

危機を脱出し、開放感に浸りながら壁についている操作パネルを見る。

「止、ビデ、オシリ」、「前後、強弱、送風」のボタンが。

いつものように「前後ボタンで真中に、強弱ボタンで弱めにセット」(シャワーが強いと痛いのでやわらかめをいつも選択)

よく見ると「止」のボタンがパヤパヤとついたり消えたりしている。

気にせず「オシリ」ボタンを押す。

シャー・・・・・・・・・・じわ~。至高のひと時。
オシリと一緒に、この疲れた心も清らかな水で洗い流してくれる。

よし、シャワーはもういいかな。^^

よし、あとは紙で拭いて出るだけ。「止」のボタンを押す。

ん?・ん?・んんん~~~~?????

なんとシャワーが止まらないで水が出っ放し
オシリに水圧がかかったままの状態である。

やばい・・壊れてる・・。このまま立ち上がったらきっとびしょ濡れに・・どうすればいいんだ。!!

いきなり安堵からピンチである。

水を止めるには・・・元栓を締めればいい。

そう思い元栓を探そうとするが、オシリは便座から離せないので後ろを振り向くことさえ出来ない。
元栓まで手が届かん・・。

なにかいい方法がないか・・。
仲間を呼ぶ?・・・いや・・こんな下半身丸出しの姿を見られるわけにはいかない。

水が無くなるまで、待つ?・・・いや、この水はきっと永遠に出つづける。

思い切って濡れる?・・・・いや・・それは最後の手段だ。きっとなにかいい方法があるはず。あきらめるな。俺。

・・・・(-_☆)キラーン

壁についている操作パネルの下のカバーをはずす。
そこに電源ON、OFFのボタンを発見。

電源OFF!!!!!!  シュルルル、キュッ。 おっ止まった。

ロールペーパーで素早く水気をふき取り、トイレを後にしようとしたが、操作パネルに全く電気ランプがついていない。

このままでは俺が壊したと思われてしまう。
おそるおそる電源を元のONに。

腰掛けた状況を判断するセンサーが働いているためか、水は出てこない。

ラッキー今のうちに証拠隠滅。パネルを元に戻す。

・・・・そして30秒後、無事トイレから脱出したのだった。

何もなかったかのように、さっそうと。

今思えば、そのことを管理者に話とくんだった。
きっと次に入った人も俺と同じような状況に陥ったに違いない。

日常にはいろんな危険が潜んでいる。
何事も油断大敵である。

何かあったときは、己の力を信じることが困難を切り抜けるための一番の方法だと実感した出来事だった。(笑)
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<一週間に足10本。 | 見習い探偵 | アドエス 本体アプリケーションバージョンアップ>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 見習い探偵 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。