見習い探偵

見習い探偵のRAINのライフスタイルなどを紹介していきます。スペシャルでコンパクトでプロフェッショナルなグッズをメインに紹介していきたいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

x31診断結果

当初疑っていたバックライトについては、少々光量不足があったそうですが交換しなければならない状況ではなく、むしろ他に問題があり、かなり重症だったようです。

診断結果については、

バックライトは中央部影がありますが点灯します。
中央部くらいのは、多分内部リフレクターの捲れで影が
でていると思います。
最初からこの影は有りましたか?
ライト自体の明るさは有るので交換は不要と思いますが
影が気になるようでしたら、液晶パネルの分解点検をします。
直るかどうかは内部の状態を見ないと判りません。

点灯不良の原因は、本体側のパネル開閉感知センサーの
不良でこの部分は修理しましたので、通常動作は可能と
成っています。

さらに

動作試験していますが、今一動作不安定でインバーターの不良若しくは
マザーボード不良のどちらか有るようです。
多分原因はインバーターに有ると思いますが点灯しなくなった状況お教えください。

とのこと・・。さらにさらに検証結果。

パネル開閉SWのオンオフで一瞬電圧が掛かった時に
一瞬点灯していましたので、SW不良と判断で修理しました。
このとき同時にインバーターのチョークコイル部分を加熱して
電気抵抗を減らして点灯を促す作業しました。

一度点灯するとインバーター内部の発熱により高電圧が保たれ
点灯していましたが、インバーターが冷えると再点灯は見られません。

再度同様に試験したところ、再現性があり点灯可能となります。
結果インバーターの不良が原因の様で交換にて修理は可能と思います。

つまり、
バックライトには問題はないが、パネル開閉SW修理、インバーター交換が必要とのこと。

バックライトとインバーター交換、SW修理、作業代あわせて1万円の見積もりとなったが、それでしばらく安心して使えるならいいかなと思い、その作業メニューでお願いしました。

個人的にヤフオクで修理依頼するのは、かなりの冒険をしたつもりでしたが、いい人にあたってよかったなと今は思っています。

まあ、まだ修理終って自分のことに帰ってきたわけではないんですけどね^^;
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<迷惑メール・・。 | 見習い探偵 | 修理することにしました。>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 見習い探偵 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。