見習い探偵

見習い探偵のRAINのライフスタイルなどを紹介していきます。スペシャルでコンパクトでプロフェッショナルなグッズをメインに紹介していきたいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

カキシブパン




柿渋で作ったパン。焼き上がり~ ヾ(=^▽^=)ノ

昨日の夜に仕込んでいた柿渋入りのタネ。
朝方見たら少し膨らんでいました。

最近、気温が低いのでラップをかけ、そのまま放置で仕事に行きました。

21時。
家に帰ってみると、タネはこんな感じに。

CIMG0531.jpg


それを小さめに分けて、丸めて丸めて・・(おいしくなれ・・)

オーブンレンジにセットし、オーブンを選び、180度で25分にセット。

そして、出来上がりです。^^

CIMG0533.jpg


プーンと漂う柑橘系の香り。
渋柿なのに・・と思いましたが、きっと天然酵母のせいで、少し発酵した匂いに変化したのかもしれません。

食べてみると、外は薄くカリカリ、中はスポンジみたいにモッチリ。
結構いい感じに焼けました。

中心部に食べ進めるにつれ、酸味がすこし感じられますが、逆に手作りっぽく風味がついた感じになって結構おいしいです。

まだまだあるので、明日の朝、昼と食べようと思っています。


今度はぶどうの皮とかで作ってみたいし、中にかぼちゃの種とかナッツとか入れて作りたいなあとか、いろいろ考えています。ヾ(=^▽^=)ノ
別窓 | ハンドメイド | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

実は柿酵母パンに挑戦中

渋柿作りであまった皮をなんとか食べ物につかえないかと思い、ネットで検索していたところ、よさげな記事を発見。

freoさんのblog「ヒーリングスペースを創りたい!」

この中で、柿酵母パン作りに挑戦という記事を見つけ実践することに。

途中経過は省きます。詳細はfreoさんのを確認してください。

事前に発酵させるため、皮に砂糖と水を入れておいたのですが、泡がプツプツ出てきた(発酵してきた)ので小麦粉と塩とオリーブオイルを少々混ぜ込みました。
(天然酵母を使うのは初めて)

現在小麦粉をこね、1時発酵途中だったりします。
うまく出来たら、焼いて食べたいなあと思っています。

こういうのってエコって言うんじゃないかと、勝手に思ってたりします。ヾ(=^▽^=)ノ
別窓 | ハンドメイド | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

今年もこの季節がやってきた




我が家に渋柿がやってきました。
大小あわせて38個。
さっそく、果物ナイフで皮をむき、ヘタの部分の枝にビニール紐でくくりつけてみました。

冷たい風と、太陽の日差しをたっぷり浴びて
はやく甘くておいしい、干し柿になってくれることを祈るのみです。

これから、硬くなったら揉んで、硬くなったら揉んでを繰り返して、ちょうどいいやわらかさを目指します。

いつも、出来具合のチェックのため、取って味見をするので、だんだんなくなっていき、最後は半分くらいしか残んないんだよね。

アパートの物干しにかかった干し柿が、風に揺れる。

夜に強い風邪が吹くとぶらんぶらんした柿がガラスにあたってコツコツなるので
ちょっと怖かったりしますw

CIMG0027.jpg
別窓 | ハンドメイド | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

多量にゲットしたので・・・作ってみました。

CIMG0504.jpg

多量にリンゴを貰って2週間たったが、実はまだ半分も食べきれていない。

食物繊維を考えると1日1個は食べたほうがいいと思っていたのだが、毎日食べつづけるのも大変で、実際は1日半個計算しか食べていなかったのだ。

皮に黒い点が浮き出してきたので、半分に切ってみたが中はみずみずしく真っ白でどこも悪いようではない。

しかし、早めに食べきったほうがいいとは思うので、今回は簡単に出来るアップルパイ(タルトタタン)を作ることに。

ネットで探すと輸入食材店に勤務さているヤミーさんのblog「大変!!この料理簡単すぎかも... ☆★ 3STEP COOKING ★☆」にとても簡単そうなメニューが・・。

さっそく、やってみた。

------------------------------
タルト・タタン
材料:1人分 調理時間:30分
りんご 1個(小さめでもOK)
バター 5g(10グラムに切れてるバターを半分にした)
グラニュー糖 小さじ1
〈パイ生地〉
バター 5g(10グラムに切れてるバターを半分にした)
オリーブオイル 大さじ2(バターの代わり)*サラダオイルでも可
薄力粉 40g(大体200ccのカップの1/3)
水 小さじ2

作り方
1、りんごは縦半分に切って芯を切り取り、5mm幅にスライスし、底にバターとグラニュー糖をしいた耐熱容器に形を崩さないように入れる。
ラップをしてレンジでうすく色が付いて、水分がなくなるまで加熱する(500w10分くらい)。※もっとやればいい色だったかも・・。
2、1のあら熱を取っている間に生地を作る。
生地のバターをレンジで溶かし(500w20秒)、オリーブオイル、薄力粉を入れそぼろ状になるように混ぜたら、水を入れてまとめる。※バターをケチり余っていたオリーブオイルを使いました。
3、2の生地を1のりんごの上にぎゅっと押さえつけて被せ、温めておいたオーブントースターでキツネ色になるまで焼く(1000w8分くらい)。あら熱を取って容器から外したら出来上がり!
-----------
と、微妙に「ヤミー」さんと量、時間が違います。

まあ、写真のとおりヤミーさんの方がおいしそうです。^^;
まあ・・・初めてですから・勘弁してください。

味は結構おいしかったですし、手軽で使う材料も少なく、お金がかからないのがGOODです。

小腹が空いたときに、もし自宅にリンゴがあったらやってみてはいかがでしょうか?^^
別窓 | ハンドメイド | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

謎の白い物体

ここ最近暖かい。
日中の最高気温が昨日は28度を今日は30度を越えた。

家に帰り、日課のコネコネをしようと、シンク下のタッパーを開けたところ、目の前に白い物体が現れた。

一面に白い物体がびっしりと詰まっている。
これはまさか!!

そう、カビである。

MYぬか床の表面にカビが生えていた。

しまった!! 温度が上がりすぎて、雑菌が繁殖してしまった。

急いで表面をスプーンで取り除き、かき混ぜる。

(頼む。。復活してくれ・・。)

空気が満遍なく行き渡るよう熱心にかき混ぜる。

その後、カビ防止策として
・自家製のカスピ海ヨーグルト補充(乳酸菌は悪い菌の繁殖を抑える効果がある)
・塩を追加(塩分が多いとカビの発生の抑制効果がある)
・タッパー保管場所をシンク下から冷蔵庫へ変更(低温だと菌が繁殖しにくい)
 等を行った。

頼むぜ。MYぬか床。がんばってくれ!!。俺の明日の未来のために。(T-T) ウルウル

そして1日経過・・。

冷蔵庫を開け確かめる。
・・・・・・・・・・・・・・・。カビが生えていない。
よしw

今のとこ、なんとかカビを抑制している。


また、新たな改善計画を盛り込まねば・・。そう考える俺であった。

別窓 | ハンドメイド | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
BACK | 見習い探偵 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。